calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< October 2016 >>

categories

archives

お買い物

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2016.05.29 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    硫黄岳とオーレン小屋で桜鍋(八ヶ岳)

    0
      久しく、アップしていなかったのは少々忙しかっただけでございます。

      で、久々に硫黄岳の山頂で絶景を拝んで参りました。
      基本日帰りなのですが、今回優雅に山小屋泊し大きな荷物を預けて身軽でお手軽、運動不足になまった体にも優しい大人の登山です。
      まぁ、大きな声ではなんですが主目的は桜鍋、ついでに山頂を眺めてくる気軽な遠征です。
      え?桜鍋って?、それは後ほどのお楽しみで。


      いつもながら、ざっくりと言うと初日山小屋泊で2日目、7時頃山頂を目指し出発昼には山小屋へ戻ってくるゆるい行程です。
      小屋デビューはオーレン小屋、ほぼクローズする最終の11月初旬に利用させていただきました。

      桜平から入りました。
      桜平の駐車場は結構大きいのですが、早めに車を置くのが良いと思います。
      また、林道を上がってゆきますので車高の低いオシャレな車には向きません。



      小屋周辺の詳しい話は、オーレン小屋のサイトに書いてありましたのでそちらを読むのが良いです。
      小屋デビュー戦に、オーレン小屋がオススメかなと思う点を幾つか。

      ・小屋に向かう途中で見かけるのですが、水力発電設備を備え電気が使えます。
       炊飯器があるんですよ。(スマホの充電は、モバイルバッテリー持参しましょ)
      ・トイレが綺麗ですし、立派な檜風呂があります。
      ・早めの予約だと個室も取れるみたいです。(私は、大部屋です。)
       暖かい格好をしてて寝ましたが、寒いことは無く快適でした。

      Ω

      駐車場を9時位にスタート11頃にはオーレン小屋着、休憩入れて2h程度です。
      到着後楽しみにしていた、名物ボルシチ!が残念ながら品切れ。(ボルシチ食べに上がらねばなるまいて。)
      かわりに、美味しいカレーを頂きました。

      iPhoneImage.png

      浮かれすぎて、小屋の写真を撮りそこねました。
      小屋の全容は、小屋のサイトで確認くださいませm(__)m

      お昼前にお昼を済ませ、その後14:00までお昼寝、そこから優雅にお風呂さっぱりして再度お昼寝…。

      で、お楽しみは晩ごはん!
      17:30が長かった気がします。(実際6時間待ってましたのでそれなりに…)
      桜鍋は、割り下が甘めに設定されています。
      とても美味しゅうございますが、生卵がほしいかもとちょっと思いました。
      iPhoneImage.png

      あまりの美味しさに調子に乗りご飯もガッツリ。

      iPhoneImage.png

      大部屋の全容はこんなもんですね。
      富士山の山小屋とは比べ物にならないほど、超快適です(個人的な感想です)。
      あ、山小屋は2度めだったか…


      就寝は、 21:00です。散々昼寝しましたがノープロブレム。
      お酒も入り即落ちでした。

      一応、小屋装備として必要なものと、あると良い物記載しておきます。
      ・ヘッドライト。
      消灯後は電気が消えます。他のお客様に迷惑にならないように使いましょう。
      私のは、周りの人に評判が悪い強力仕様ですのでもうちょっと出力を抑えコンパクトなのも良いかと思います。

      ・インナーシューズまたはテントシューズ的なやつ。
      廊下が結構冷えます。

      ・シュラフカバーやシュラフシーツ等
      私は、使わなかったのですが同行者はシュラフカバーにくるまり布団に入っていました。


      そして2日目、大きな荷物は小屋へ置き身軽になっていざ山頂へ!
      ゆっくり歩いて約2h程度でした、風が強く手が冷たい。
      グローブは必須ですね。


      周りの雰囲気はこんな感じです。
      これだと伝わらないが、それでよし。自分の目で確認するのが良いです(^^)


      ネタバレしないように、という訳では無いですが実際に来年自分の目でご確認頂ければ(^^)
      強烈な爆裂火口を覗きこむのは自分の目で。足元は要注意!

      帰りも、2hほどで山小屋へ荷物を取り一休みして駐車場へ14:00には下山できるお気軽登山。
      初めての方にも安心デス。

      そうそう、山小屋の夜は独自の空気が流れています。
      その辺は、いってのお楽しみ。

       

      鍋割山

      0
         丹沢山系は鍋割山へ行ってきました。
        たった一つの目的のために。

        えっ、えっ、なんて?
        鍋割山へ鍋焼きうどんを食べに!
        で、1200mほど登ってきました。


        立派なソーラーパネル。小屋の中ではラジオが流れておりました。
        のぼりにもある通り、鍋焼きうどんが売りです!
        ここまでの道のりについては、ヤマレコなど幾らでも見れちゃいますので
        そちらでどうぞ。



        難易度的には、高くなく初心者にも安心的でかつ期待値以上の鍋焼きうどんの美味しさがすべてを忘れさせます。



        天気が良いと、富士山眺めながら鍋焼きうどんが頂けます!




        思った以上に具だくさんです。

        満足な一日でございました。
        ごちそうさん!

         

        2015年明けましておめでとう御座います。

        0
          新年明けまして、おめでとう御座います。



          旧年は、忙しかったり火傷したりと、ぱっとしたことは全くありませんでした。

          お陰で?特に目立った買い物もなく懐にやさしい年だったかも知れません。



          あ、MacbookAirが壊れてしまいMackbookProRetinaを年末に買った事を忘れてました。

          現在到着待ちです。



          とまぁ、特段何もありませんが今年もよろしくお願い致します。

          ソーラーパネル

          0
            Anker ソーラーチャージャー 折りたたみ式 PowerIQ搭載 (14W)、こいつ中々よいです。

            見づらくて恐縮ですが、薄曇りの中でもiPad mini チャージできています。



            カタログ値は、メーカーのサイトへと思いましたが何故かない?



            パネルが4枚で 14W製品です。8Wの製品もあります。

            GOAL ZERO NOMAD7も所有していますがパネルが多い分こちらの方が強力な印象でした。

            ただし気軽に持ち歩くにはやや重くかさばるのが難点です。車や非常用として考えれば値段も出力も十分ですので

            オススメですね。













            こちらでは、快晴時ガラケー(800mA)を充電していました。フルチャージされました。

            ちょっと時間は失念。また、旧車の為、紫外線透過型なガラスですのでより効果が高かったと思います。







            充電用インタフェースはUSBのみです、充電式電池はUSBから充電するタイプが必要になります。

            今後エネループの充電も試したいと思います。




            iPhone6 plus

            0
              今頃なんですが11月末頃にやっと購入。え?なにかって?これですよ!



              比較対象がないとわからんですね。
              特に何も言うことはありません。片手では使い難いです。それ意外不満はありません。片手で使えないほうが歩きスマホも出来なくなるので良いんじゃ無いかなと思う程度には慣れました。使えないことでは無く使わないことにです。

              正直スマホとPad二台持ちで住み分けで良いとでしょう。大きければ良いと言うわけではないと個人的に思います。

              ぱっとしない感想ですが、キビキビ動くのは嬉しいです!
               

              iPhone6祭りの一息ついた頃に

              0
                iPhone6祭りに乗るか否か悩んでいるうちに時が流れ現在に至るわけだが取り敢えず、実機は触っています。

                そこにあったらやって見るでしょう?これ。
                右から、iPad mini , iPhone6 Plus , iPhone6 , iPhone5Sです。



                重ねてみるお約束。


                実寸や性能は公式サイトを見れば済むのでふれず体感を主観でお伝えします。

                ちょっと小さい手の私にはiPhone5Sの時点で端まで指が届かず、6では両手での操作が必要でした。
                ならば、iPhone6 Plusで良いのじゃないかと思っています。

                しかし!着るものにもよりますが、Plusはポッケからはみ出ます。落としやすくなるし鞄に入れて使う様では
                iPad miniと同じで、ならばより大きな画面のほうが良いじゃないか!と思うわけです。

                一択ならば即決でしたが、実機触って判断しよう、かつ予約なしで買えればというフラグは今回立ちませんでした。。。

                ただ、今回写真に納めていないのが悔やまれますが薄さは良いです。それに伴い軽さ。
                気軽に買い換えられる値段ならばそれだけでも買い替えの価値有りです。
                iPhone6をもった後に5Sを持つとずっしり感があります。

                という訳でチョット静観します。
                 

                すっかり秋になりました。

                0
                  随分とサボっていました。
                  何もしていない訳ではありませんでしたが、ちょっと忙しく後回しにしていたらこんな状況です。
                  チョット心を入れ替え、初心に帰りネタの為に少々無理をしようと思います。

                  誰にも気づかれないように、そっと宣言します。
                   

                  2014 新年明けましておめでとう御座います。

                  0
                    チョット忙しくしている間に年が明けてしまいました。。。

                    昨今時の流れが早すぎます。
                    昨年を振り返れば、、、、、色々やっていましたがかと言って特筆すべき点はございません。
                    そんな事を言っていても仕方もなくチョット反省してBlogを更新しようかなと新年のご挨拶からのスタートです。

                    世の中は、好景気?になりつつ有るような、高額福袋が飛ぶように売れているニュースを散見します
                    私には、直接影響を感じられない好景気です、とか不景気な話をしてもしかたが無いので、
                    小さな事から、コツコツと積み上げてゆこうかと思います。

                    抱負も小市民的にまとまった様ですのでこの辺で〆ときますね。

                     

                    タイカレー缶が!

                    0
                      マルハからもタイカレーシリーズがでておりました。

                      こちらも、タイ工場で作られております。
                      いなばのタイカレー缶と価格お味共にほぼ近しい感じです。
                      グルメレポートできずにすみません。

                      実際に自分で食べてみるのが一番ですので食べてみて下さい!




                      けっこうお気に入りで頂いております。


                      最近良く見る Made in PRCってどこかと思ったら…

                      0
                        英語表記で中華人民共和国の略称だそうな。
                        People's Republic of China

                        ちょっとわかりにくくなったけど正式名称つかいはじめたのか。


                        | 1/32PAGES | >>