calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

お買い物

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.09.30 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    標高2150Mの温泉

    0
      日頃の運動不足解消兼ねてウオーキングがてら本沢温泉へ!





      絶景!素晴らしい景色でした。
      パノラマでお見せしたい所ですが、たまたまご一緒しましたきのこ狩りのお客様もいらしたのでチラ見な感じで失礼します。もちろん一言断って撮ってます (^ ^)





      で、お湯は最高!温度は、やや高めです。



      今回4WD駐車場まで車で上がり徒歩1hの道程でした。


      次回は、テン泊か宿泊でまったりしたいところですねー。

      硫黄岳とオーレン小屋で桜鍋(八ヶ岳)

      0
        久しく、アップしていなかったのは少々忙しかっただけでございます。

        で、久々に硫黄岳の山頂で絶景を拝んで参りました。
        基本日帰りなのですが、今回優雅に山小屋泊し大きな荷物を預けて身軽でお手軽、運動不足になまった体にも優しい大人の登山です。
        まぁ、大きな声ではなんですが主目的は桜鍋、ついでに山頂を眺めてくる気軽な遠征です。
        え?桜鍋って?、それは後ほどのお楽しみで。


        いつもながら、ざっくりと言うと初日山小屋泊で2日目、7時頃山頂を目指し出発昼には山小屋へ戻ってくるゆるい行程です。
        小屋デビューはオーレン小屋、ほぼクローズする最終の11月初旬に利用させていただきました。

        桜平から入りました。
        桜平の駐車場は結構大きいのですが、早めに車を置くのが良いと思います。
        また、林道を上がってゆきますので車高の低いオシャレな車には向きません。



        小屋周辺の詳しい話は、オーレン小屋のサイトに書いてありましたのでそちらを読むのが良いです。
        小屋デビュー戦に、オーレン小屋がオススメかなと思う点を幾つか。

        ・小屋に向かう途中で見かけるのですが、水力発電設備を備え電気が使えます。
         炊飯器があるんですよ。(スマホの充電は、モバイルバッテリー持参しましょ)
        ・トイレが綺麗ですし、立派な檜風呂があります。
        ・早めの予約だと個室も取れるみたいです。(私は、大部屋です。)
         暖かい格好をしてて寝ましたが、寒いことは無く快適でした。

        Ω

        駐車場を9時位にスタート11頃にはオーレン小屋着、休憩入れて2h程度です。
        到着後楽しみにしていた、名物ボルシチ!が残念ながら品切れ。(ボルシチ食べに上がらねばなるまいて。)
        かわりに、美味しいカレーを頂きました。

        iPhoneImage.png

        浮かれすぎて、小屋の写真を撮りそこねました。
        小屋の全容は、小屋のサイトで確認くださいませm(__)m

        お昼前にお昼を済ませ、その後14:00までお昼寝、そこから優雅にお風呂さっぱりして再度お昼寝…。

        で、お楽しみは晩ごはん!
        17:30が長かった気がします。(実際6時間待ってましたのでそれなりに…)
        桜鍋は、割り下が甘めに設定されています。
        とても美味しゅうございますが、生卵がほしいかもとちょっと思いました。
        iPhoneImage.png

        あまりの美味しさに調子に乗りご飯もガッツリ。

        iPhoneImage.png

        大部屋の全容はこんなもんですね。
        富士山の山小屋とは比べ物にならないほど、超快適です(個人的な感想です)。
        あ、山小屋は2度めだったか…


        就寝は、 21:00です。散々昼寝しましたがノープロブレム。
        お酒も入り即落ちでした。

        一応、小屋装備として必要なものと、あると良い物記載しておきます。
        ・ヘッドライト。
        消灯後は電気が消えます。他のお客様に迷惑にならないように使いましょう。
        私のは、周りの人に評判が悪い強力仕様ですのでもうちょっと出力を抑えコンパクトなのも良いかと思います。

        ・インナーシューズまたはテントシューズ的なやつ。
        廊下が結構冷えます。

        ・シュラフカバーやシュラフシーツ等
        私は、使わなかったのですが同行者はシュラフカバーにくるまり布団に入っていました。


        そして2日目、大きな荷物は小屋へ置き身軽になっていざ山頂へ!
        ゆっくり歩いて約2h程度でした、風が強く手が冷たい。
        グローブは必須ですね。


        周りの雰囲気はこんな感じです。
        これだと伝わらないが、それでよし。自分の目で確認するのが良いです(^^)


        ネタバレしないように、という訳では無いですが実際に来年自分の目でご確認頂ければ(^^)
        強烈な爆裂火口を覗きこむのは自分の目で。足元は要注意!

        帰りも、2hほどで山小屋へ荷物を取り一休みして駐車場へ14:00には下山できるお気軽登山。
        初めての方にも安心デス。

        そうそう、山小屋の夜は独自の空気が流れています。
        その辺は、いってのお楽しみ。

         

        鍋割山

        0
           丹沢山系は鍋割山へ行ってきました。
          たった一つの目的のために。

          えっ、えっ、なんて?
          鍋割山へ鍋焼きうどんを食べに!
          で、1200mほど登ってきました。


          立派なソーラーパネル。小屋の中ではラジオが流れておりました。
          のぼりにもある通り、鍋焼きうどんが売りです!
          ここまでの道のりについては、ヤマレコなど幾らでも見れちゃいますので
          そちらでどうぞ。



          難易度的には、高くなく初心者にも安心的でかつ期待値以上の鍋焼きうどんの美味しさがすべてを忘れさせます。



          天気が良いと、富士山眺めながら鍋焼きうどんが頂けます!




          思った以上に具だくさんです。

          満足な一日でございました。
          ごちそうさん!

           

          大菩薩峠登りはじめ。

          0
            新年早々アイゼンなる装備をつけイザゆかん!
            アイゼンはスノーピークの「トレックエイトセットスノーシャット付き」で、スノーシャットつけませんでした。だったらスノーシャット無しで良いじゃんと後で気がつく。
            このタイプは、ゴムのベルト式です、ゴムの劣化が気になりましたが交換用のベルトも有りました。最初のゴムの調整が難しく緩くすると外れるし、締めすぎるとチョット痛いです。
            他社のベルト式もあるので色々検討されるのが良いでしょう。これは、お手頃価格で8本爪が気に入りゴムの劣化よりも利便性で選択しました。



            見渡す限りはこんな感じです。
            滑りまくりなので、アイゼン必須!



            不吉?な名前の避難小屋で休憩!



            地獄にタヌキ?

            先日かった山専ステンレスボトルのお湯で緑のタヌキを頂きました。
            この時点でお湯をボトルに入れて6時間ほどですが、アツアツです。

            最近これしか使ってませんがスクーです。


            ここは、大菩薩峠なり!
            地獄に仏か?


            チョットひいてみました。



            快晴で澄み渡る空気が気持ちが良いです。
            しかし気温は氷点下。登り始めは−8度でしたがこの辺りは何度でしょうか。
            ザックにさしたポカリがシャーベットになる程度の寒さです。
            幸いと風がなく快適でした。


            三途の河では御座いませんが凍結しておいでです。



            新し世界をチョット垣間見ました。
            冬期はお山には登らないポリシーでしたがお散歩は可能ですね。


            道志の森

            0
              久々に道志にやってきました。

              いきなりですが美味しいリゾット。



              美味しいグラタン



              美味しい。。。。名前忘れた。。。




              いつものOrigamiとほおずき。



              ずーーーと忘れていた秘密兵器?
              寒いさむいとか言いますが実際どうなの?と情報の数値化を図るために昨年購入したが
              ついつい持っていくのを忘れている温度計。
              こいつは内外測れる優れもの。


              シングルウオールのテントでは、内外の温度差は2度。雨風凌ぐ物ですね。。。
              しかし!グランドシートの下に、エマージェンシーシート引いて冷気を遮断。
              その上にサーマレストを引いて居るだけで、シュラフはナンガーの350DX快適温度は0度なので余裕!
              と言いたいところですが、結構着込んで寝ています。
              おかげで寒さは感じずです。



              参考までに、シュラフの中は22度でした。



              久々の焚火で充電されました。



              双子山でキャンプ

              0
                凍えに行こう!
                この一言から始まり選定された場所は二子山の双子池キャンプ場!
                大河原峠より徒歩1時間位。





                山頂までざっと20分。


                そこから双子池まで30-40分でした。



                ちょっと出遅れて良い場所は取れませんでしたが、凍えると言う目的?は達成!

                初めてテントを背負って登山しました。
                今のところ背負えるテントは、Origamiだけなので選択しはありません。
                Origamiでグラウンドシート使ったのは2回目です。

                これはこれで有りだと思いますが、やはり車横付けオートキャンプが良いなと再確認した
                夜でした。 ULマットとか、この日初デビューなギアとか有りましたが撮影を忘れてりました。




                羽鳥高原レジーナの森

                0
                  羽鳥高原レジーナの森へ行ってきました。

                  初めて?のファミリーキャンプ場です。何でも揃っていて便利です。ここまで揃っていると何で外で寝るのだろう的な感じですが、たまには良いでしょう。久々に雨にもふられず良い天気です。

                  電源サイトは選びませんでしたが、電源サイトもあります。施設内に立派な温浴施設もありますのでお風呂の心配もありません。至れりつくせりですけど良いお値段します。


                  久々に焚き火台を出しました。


                  肉もひさびさな気がします。
                  100グラム100円程度のお手軽なステーキ用肉を筋切りして塩コショウをたっぷりすりこみ
                  焼きあげるとめっちゃ旨でした。
                  初日の出だし上場〜


                  翌朝久々のホットサンド。
                  うっかり成果物について撮影を忘れてました。。。



                  何だかカレーがやりたくなって米を炊いてみました。
                  すっかり鍋で炊くのになれ中々良い感じで長けています。
                  コツは適量の水と強火で20分その後は蒸らすだけ。
                  飯盒の場合赤子が泣いても蓋を明けないと言うのが鉄則ですが、適当に蓋ああけて様子を見ながら調整しても美味しく炊けてますので安心して良いと思います。


                  カレーもですが、野菜を炒める際に結構焦がしましたがカレー粉を入れれば無かったことになります。結構強火でよく炒めた方が美味しいですので怯まずやりましょ。
                  コロダッチで使う予定の野菜がちょっとあまり野菜多めのカレーが出来上がりました。



                  初めての人とかキャンプに連れてゆくのに良い所かもしれません。
                  一人の時にはここは選ばないかな〜


                  燃料問題

                  0
                    この冬関西・九州は原発の停止による電力不足で10%の節電になり、火力発電率を上げた東電エリアは数値目標を設けない節電要請だそです。夏の悪夢程では無いのかなとは思いながら対策にはいりまた。

                    え?なにかって?カッコいいこと言って炭やマキを備蓄し始めたのかって?ははは近い!どーもシーズンオフになるとホームセンターから炭が無くなるので世のオールシーズンキャンパーはどうしているのか?とググってみた。

                    実はそれが事始め。安い炭使い炭が弾け高いフリースに穴を開け凹んでから二回めの冬、色々学んだ。人のふり見てなんとやら先人の知恵を拝借することにした。
                    前置きが長くなりましたが燃料について色々考えてみました。

                    ソロの時には、焚き火台はチビ火君をつかいます。お安い不揃いの炭達はでかすぎてハンマーで割らねばならなら無いなど面倒だとおもっていました。以前に豆炭を頂き使用したことを思い出します。調べると12kgで1200円位らしい、送料が割とかかるな〜、ん?ホームセンターに有るらしい。早速ダッシュ!買ってきた!持ちは悪いが火力とコストは魅力、型もそろってるので運びやすい。炭入れの小さい方を豆炭入れにしました。



                    流石に庭先でのテスト燃焼着火剤を使うと煙がスゴイのと少量のテストの為火力期待できずでしたが過去実績では中々使えます。火力はありますが持ちは悪いです。ただ、さっくり早く寝るような場合にはコレでよし。

                    火持ちを考えるのであれば切炭が良いそうですが、お値段が高い。
                    オガ備長炭が爆ぜずに長持ち、ただし火がつきにくいお値段もボチボチです。
                    普段買っているホームセンタの格安炭は、パチパチ爆ぜるので火の粉気にしてイマイチだったので今度買ってみようかと検討中〜。


                    今年最後の廻り目平

                    0
                      良し!日光だ!と勇んでいたら、11月には、クローズしていたよくあるはなし。結局また行かせて頂きました。

                      今回は自分初!ダブルウオールテント。力入れる程もなく、コールマンのツーリングテントでコスパ最高と言われたので買ってみた奴。貸出専門で自分で使うの初めてでしたが良いです。

                      車かバイクならリーズで使えます。
                      今回も雨でしたが雨にも負けず前室も、割と広いですしタープ張らずに、濡れたくないものが全てテントに収納出来ました。



                      転がれる環境の素晴らしさを満喫しました。え?何かって、何時もの参天に土間にコットで簡単にテントが張れる反面居住性が今一つだったと今ごろ気づいたのです。ザックで運べるハバハバ良いな〜など危険なイメージが頭をかすめます。



                      今回の新兵器と言う程の物では在りませんが、100円で中々使えるライターを持っているのにも関わらず買ってしまいました。SOTOのCB缶のガスがチャージ出来るやっで、火口が伸びるスライドカストーチ。CB缶は常備しているので問題なし!



                      もう一つが分かりにくいですが、ジェントスEXP-777持ってるのに、レイオバックLEDらんたんでコイツはのジェントスOEMです。なのですが、こいつはジェントスの温かいオレンジと変わって白色光。テントの中で読書に最適な上に300ルーメンでめっちゃ明るい。
                      テント内での利用ならば一酸化炭素も出ずに最強です。

                      テント内はヘッドライトでも良いですがLEDランタンがオススメ。めんどくないですし。
                      テーブルランタン、サブランタンはLEDでよし。当然エネループでの利用で常にMAX充電ですよ!。




                      流石に寒くなって来ているので人も少なめですね。




                      先日美味し豚汁をごちになったんのでやって見ました。
                      100円ローソンにて、お一人鍋用刻んだ野菜と豚肉にだし入り味噌を調達。
                      18cmの鍋にざっくり半分程水を入れて加熱。野菜をぶこみ茹で始める。
                      アクが出てきたら適当にすくう。いい具合にゆだってきたらタイミングを見計らい豚肉をぶっ込む。ココでの反省点。あまりにも適当にぶっこみ過ぎて団子状に。。。。
                      もうちょいほぐした方が良かったです。またもや、いい具合にゆだってきたら味噌を溶かします。お玉とスプーンでとかお上品にいかずにスプーンでまず1/4ぐらいすくい鍋の真ん中辺でクルクルとゆっくりかき回しながら溶かしていっちゃいます。

                      で、ざっくり適当豚汁にはこんにゃくと里芋が無かったぞと今更ながらですが、まぁ適当な割にはうまかった。このあと、この鍋には”うどん”や”モヤシ”が追加され謎な鍋になりました。




                      ブラックダイヤモンドのアポロ2011モデル。80ルーメンですか。
                      今回は、ホオズキを忘れた為つって見ました。コイツはオービットに採用されていたダブルリングになっておりまして吊るしたりするのにも便利です。
                      初代持っているのにもかかわらず買い増しました。ジェントスに比べ軽量なのがお気に入りです。コイツもテント内で読書するには十分な明るさです。



                      翌朝には、前日の豚汁へうどん追加。



                      椿荘オートキャンプ場

                      0
                        久々のグループキャンプでした!
                        キャンプ場も混雑ピーク、プロキャンパーのおかげで穴場にテントをはれて快適なキャンプがおこなえました。



                        キャンプと言えばカレーです!
                        え?美味しそうですと?否!
                        間違い無く、うまいのです!
                        当然です!俺が作った訳ではないので。



                        焼きもろこしは、祭の味です。夏ですよ!焼きそばも、欲しくなりますね!



                        キャンプに欠かせないのが焚火!
                        炎の揺らめきが、心癒します。



                        夏と言えば、花火!音ものは迷惑になるので定番の線香花火です。



                        ランタンも良いけど、キャンドルも悪く無いです。



                        キャンプは、良いです。火を囲んで眠くなったらテント直行ですし。

                        | 1/7PAGES | >>