calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

categories

archives

お買い物

スポンサーサイト

0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    • 2018.09.30 Sunday
    • -
    • -
    • -
    • -
    • -
    • by スポンサードリンク

    timbuk2 カタパルトが欲しい

    0
       新しいくチョット出かける鞄が欲しくなりました。

      所有物としては、18Lのバックパック、ボディーバック、シザーバックとか持っているのですが、iPadもって出かけたりすると自動的にバックパックになっていました。
      もうちょい、気軽でかつiPad やiPad mini(予定)が入れられてかさばらない鞄を探してみました。

      現在通勤用に使用しているtimbuk2 のXSなどどーかなと調べていたら、
      「timbuk2 カタパルト」なる物を発見!

      容量5Lと小さいながら中には、iPad専用収納にA4の雑誌がすっぽり入るサイズです。13インチのMacBookAirは無理みたい。概ね希望を満たす仕様で自転車乗りにうれしいクロスストラップ付き。

      利用シーンを分析すると、財布にデジタルガジェット、関連アイテム、デジカメ、こんな感じをイメージしています。


      かたや、timbuk2 クラシックメッセンジャーXSは容量8Lで少々大きめなのはうれしい所ですがクロスストラップが付きません。自転車を想定している訳ではないので実はこの辺重要ではないのですが電車に乗るにも便利っぽいので取りあえず購入の方向で決定しました。

      届いたら、色々入れてみます。




      単三電池一本で15年保つ携帯電話SpareOne

      0
        単三電池一本で15年保つ携帯電話SpareOne  

        結構まえから気になっているこのアイテム。
        いろんなところで紹介されていますので詳しくはググってくださいって、え?


        簡単に言うと表題の通りなので、それ以外で言えば5000円程度でSIMフリーの非常用電話的な用途に特化した携帯です。今のところ日本では使えません、WCDMAに対応予定のようです。
        日本で使えない上にスマフォ全盛のこの時になぜそんなものを欲しがるかって?

        日頃スマフォをつかていますが電話として使おうとすると電池切れやら何やらと電話機としてはもう一声。結局ガラケーと2台持ちしていますので、非常用としてWCDMA版が出たら欲しいなと狙っています。

        車や非常持出袋への常備や、登山時の携帯とか使い道色々です。


        今更だか、iPad mini をさわる

        0
          同僚がiPad mini Wi-Fiモデルを購入したので触らせてもらっていた。
          更にサイズ比較の為に、別の同僚がiPhone5を横においてくれた。

          自分のiPhone5はこの写真を撮るためのカメラになっている。
          今更何を言う事も無いが、カタログスペックの前評判は残念だが触ると欲しくなる。

          7.9インチこの大きさがが良い。


          是非ipad mini Retinaモデルが出たら買いたいもんだと絶対に見送るつもりでいたのですが、触ってしまったら最後です、今買ってRetinaでたらまた買えばイイとか財政を無視した訳のわからん状態に陥っております。

          で、冷静になるために色々と調査。

          Wi-FiモデルにはGPSが無いのが残念で、これは第3世代のiPadも同様だったのでしかた無いかと思っていた。
          しかし、なんと! iPad mini Cellularモデルは、iPhoneに比べ買いやすい価格でのスタートです。 

          スマフォで殆ど電話をすることが無いのでiPhoneからiPad miniへ完全移行しても良いのじゃないかと真剣にCellularモデルを調べました。
          iPad mini には2モデルあります。A1455が日本で使えるものです。

          冷静になって、もうちょい様子をみて見たいとおもいます。


          登山財布について

          0
            ザックリ言えば ハイクや登山の時にかさばる財布の代わりに使う軽量で雨や湿気に強いお財布です。

            私が使っているのはこれ。

            グラナイトギアのエアハイカーワレットラージです。

            ハイクの度、中身を入れ替えるのが面倒になりすっかりマネークリップと小銭入れからこちらを常用するようになりました。

            これ!カラビナも付いていて紐付きにすれなくさず、ジッパーも開けやすくとても便利!で、わずか13gと最強アイテムです。


            残念なのは私の様にものぐさしてで常用していると、わからない人には100均財布と言われてしまう場合がございます。


            他にも以下2点ほどあります。

            イスカのウルトラライトウオレット、これは止水ジッパー付きでMサイズで10gで中も仕切りがついていて中々良い感じです。

            スノーピークの山財布、これはちょっとかさ張りますが薄手のグローブをしたまま使えると言う代物中にも仕切りがあり使いやすそうです。






            鞄のリニューアル検討

            0
              カリマーのショルダーとワゴンセールで出会い一年が過ぎた。鞄を変えることにより所持品の仕分けが行われる俺、たいした物入ってない筈なのに鞄が重い。其れはさて置き、今の10Lは、ギリギリで鞄がパンパンになるのだ。

              14Lになれば少し余裕が出るだろう。
              そこで鞄探し!ショルダーから、メッセンジャーに変更!ティンバック2がお手頃価格でよいかんじでチャリンコ乗りに人気らしい。こいつのSが14Lで要求を丁度みたしている。

              で、色々と調べているとコミュートというモデルが取っ手がついていたりと日常使いには非常に適したモデルでPCバックとしても十分に要求を満たす。

              PCとサプライが入り書類と弁当箱及び小物類が入れば良い。小物が結構大物なのはココだけの話。あとはお値段の折り合いかな。米アマゾンでは$80程度なのがちょいと悔しい所だ。





              ハクキンカイロ

              0
                ジッポから出ているハンディーウオーマーを知り、どーもそれはハクキンカイロらしいと知る。え?で、ハクキンカイロがなにかって?詳しくは、グーグルさんで調べて貰うとして、ザックリ言えばベンジンを燃料にプラチナ触媒で化学変化で発熱する繰り返し使えるホッカイロのようなものです。入れる燃料で時間調整しますが12Hとか持つようですね。

                どちらも同じようなのですがデザインが異なります。
                値段は、ほぼ同じで入手性はジッポの方が上ですねハクキンカイロはオンラインでしかみかけません。遠い昔は薬局で扱っていたようです。

                問題は燃費。ベンジンとジッポオイルだがカイロ用のベンジンは500ml入りで買えるしかも1コイン程度。染み抜き用を間違って買ってはいけない。売っているのも薬局だが必ずおいてあるとは限らない。ジッポオイルはコンビニでも手に入るが単価が高い。

                通常は、ベンジンを使い緊急時にはジッポオイルを使うのが良いかもしれない。
                他には、ホワイトガソリンも使えるようだがヘビーなキャンパーで常に手元にあるぜ!という人以外には向かないです。リッター1000円程します。


                シュラフの中に放り込んでおけば朝までヌクヌクできるかなとかイメージトレーニング中です。



                アルコールストーブ

                0
                  アルポットこれがそいつの名前だ。
                  クッカー付アルコールストーブにしては、ゴツく重い。しかし!見た目火器っぽく無いのだ!コレが目を引いた理由で風にも強く値段も手頃でコメも炊ける実用度。アルコールストーブもチタンのクッカーも持っているので今更ですので踏みとどまっています。

                  火器は人目が気になるので花見などでは、使い難く悩ましかったのです。
                  お湯が沸くと暖かい飲物が作れゆとりがでます。


                  燃料のアルコールは、薬局300円程度で買えますしコスト的にはOK。重量があるので、お山向きでは在りません!


                  参考までですが、エバニューのチタンマグポット500ストーブセットと大きなお値段の差がない所がややお高めな印象です。

                  アルコールストーブをすでに幾つか所有しているので、即ポチは踏みとどまりました。



                  新しい環境の検討

                  0
                    今頃猛暑の話もなんですが暑さを乗り切れず三台のPCのディスクが逝きました。実験君1号2号と実質メインのごろ寝ノートです。実験君はブロードバンド化してから折角のリソース活用する為お家Serverとして頑張って頂きました。ノウハウの蓄積など十分に用を果たして頂いたので其れは引退して貰う事としてごろ寝PCリニューアルが必須です。前振りが長くなりましたが、MBA13を買おうと検討に入り月日が流れPC無くても結構困ら無い事にも気づいたり延び延びですが、バースデープレゼント俺的な感じで買う事にしました。

                    11インチと13インチで悩みつつ13にしたのは現状12インチのレッツノートを使っていたこととバッテリーの持ちと同スペックにした時の差が少ないことを考慮して13インチのMackbook Airを選択しました。


                    予備のACとか無いかとなど調べていたら、あらまアマゾンで当たり前の用に扱っていました。
                    60Wのやつがリーズナブル。Airは45Wのようなのでオーバーしますが通常オーバーは問題ないですので合わせて買ってみようと思います。
                    ※この辺は、自己責任でお願いしますね。

                    後は、届くのを楽しみに待つだけです。








                    冬支度

                    0
                      これから寒さ本番!地べたが冷たい季節。皆様敷物はどうされておりますか?夏期はドカシートやタイベックシートを使っています。タイベックシートは軽量丈夫な建築資材の紙シート軽量な代わりにペニャペニャで芝の上で使うには良いですがゴツゴツした所ではその上にクッションが必要です。で、地熱そのままなので冷たい場所では足腰冷えます。

                      MPIのオールウエザーブランケットが欲しいなと色々調査しておりました。
                      コイツはNASAが開発した素材で4層構造で強度と耐水性に優れ軽量と非常に優秀で、人様がシートやテントのグランドシートとして使っていたりなどの姿を見ておりますがブランケットとして使っているのは見かけてはおりません。非常時に命をすくうのであって常用向きではないようです。私もグランドシートにしてテントの断熱に利用しようかと思っておりました。中々良いお値段しますよコレ。

                      そろそろ寒さ厳しくなって来ていますので実際どれぐらいの温度の時にはどれぐらいが最適など数値化できると行ったことのない場所でもおおよその装備の目安になるかなと温度計が欲しくなり先人たちが中々良いものをお使いであることを発見。これは室内外の気温が測れます。
                      コイツでテントの中外の差をみてテントのありがたみを噛みしめようと思っております。


                      私のシュラフですが、夏暑く冬寒い3シーズン用。春秋は程良い具合でした。本来は夏用と冬用で2種持つのが良いと思っておりますが今更なんですので、シュラフカバーの導入を検討始めました。実際シュラフカバーはゴアテックスじゃないと意味が無いとの記述をちらほらそんな中で冷静に耐水性能を確認。テントの中で決して野宿するわけでは無いので水をかぶる様な耐水性能は必要なく十分な湿度と夜露に濡れても耐えるだけの耐水性を備えればよし!で探すと、イスカのウエザーテックで十分かなと判断。コイツだどアテックスの半額以下ぐらいのコストよい買い物ができそうだとポチりそうななかこらえて調査継続です。


                      簡単→強力→安価

                      0
                        え?何の話かって?火器ですよ!初めはガスから始まり簡単便利安価なCB缶最強OD缶不要と自分の中で整理されておりましたが、秋口から春先にかけガスのパワー不足が気になり、WGに手をそめます。初回火達磨の洗礼と新品のフライパンを空焚きして変形させる火力に驚き、ちょくちょく自主練したりと慣れが必要でした。また、ポンピングが面倒なのと1L1200円の高コストのため常用には至らずです。WGもスタンドで量り売りも考えましたがWGストーブは今の所一台だけ。

                        今ココ→で!同じ面倒ならケロシン(灯油)だ!

                        前置きが長くなりましたがそんな訳で、武井君やマナスル、コールマンのケロシンストーブとランタンを眺めては先人のレビューを拝見させて頂いております。


                        で、何故か話はそれて行きストーブはガスにWGと複数持っていますがランタンはLEDだけ。テーブルランタンとしては十分そしてソロキャンだったりするとそれ以上いらない。やはりランタンはいらないかなどなど自問自答を繰り返していましたが、人様のBlogを見る感じではケロシンはストーブよりランタンの方が入りやすし。また、ケロシンは暖房のためほぼ一年を通して保管しているので”イザ”という時に最も役に立つ!そんな、一生来ないと良いと願う”イザ”という時に備えてという妄想と闘いながら武井くん程では無いお値段とグルキャン時に人のランタンあてにするのも何かなという思いで、一台ぐらい持っていても良いだろうとか言い聞かせながら色々と調べています。


                        もう一息でポチろそうなところまで来ています。。。

                        | 1/3PAGES | >>